太りたい人が健康的に太るためのブログ【太るための教科書】

酵素とは?消化酵素・代謝酵素・食物酵素について【簡単図解】

酵素とは?消化酵素・代謝酵素・食物酵素について【簡単図解】

酵素は体の健康に大きく関わり、不足することで消化や代謝が悪くなり、病気のリスクを高めたり、太りやすい、もしくは痩せすぎの体になります。

ここでは「酵素とは何か?」を簡単にわかりやすく図解で説明します。病気予防やダイエット、はたまたガリガリ体質を改善して健康的に太るために、正しい知識を持つことが大切です。

酵素とは?簡単にわかりやすく図解

酵素とは

酵素は「消化酵素」「代謝酵素」「食物酵素」の3つに分けられます。

消化酵素

消化酵素

消化酵素とは食べ物の消化・吸収に使われる酵素のことです。

食べたもの(炭水化物・タンパク質・脂肪)は消化酵素によって分解され、栄養として体に吸収されます。痩せている人は消化酵素が少ない傾向にあり、健康的に太るためには、体内の消化酵素を増やしてあげる必要があります。

暴飲暴食をしたり、お肉やジャンクフードといった消化の悪いものを食べると消化酵素が大量に使われます。不摂生な食生活が消化酵素と代謝酵素のバランスを崩す大きな原因となるため、太りたいからといって、ただがむしゃらに食べれば良いという訳ではありません。

消化酵素の種類

消化酵素は「炭水化物」「タンパク質」「脂質」を分解する3種類に分けられます。

炭水化物の分解 ・アミラーゼ(プチアリン/アミロプシン)
・サッカラーゼ
・マルターゼ
・ラクターゼ
タンパク質の分解 ・プロテアーゼ
・ペプシン
・レンネット
・トリプシン
・キモトリプシン
・エラスターゼ
・カルボキシペプチダーゼA
・カルボキシペプチダーゼB
脂肪の分解 ・リパーゼ

関連記事:消化酵素は太るための必須成分!栄養吸収の促進効果がすごい!

代謝酵素

代謝酵素

代謝酵素とは人が呼吸をしたり、頭を使うなど、生きるために必要な活動をサポートする酵素のことです。これが不足すると、頭がぼーっとする、疲れがたまりやすくなる、免疫力が低下する、肌の調子が悪くなる、といった体の不調を引き起こします。

代謝酵素の効果がすごい!

  • 健康
  • 美容
  • ダイエット
  • アンチエイジング
  • 抜け毛予防
  • 便秘解消
  • 集中力と記憶力の向上
  • 運動能力の向上

代謝酵素は消化機能とダイレクトにつながっており、摂取することで代謝や免疫力がアップし、便秘の解消、ダイエット効果、病気予防、シミ・シワの解消、抜け毛対策といった効果が期待できます。

また、脳が活性化され集中力や記憶力が向上するとも言われています。さらに、筋肉運動にも直接作用するため、運動トレーニングした時の、体に与える効果をアップします。

消化酵素と代謝酵素は密接に関わり、消化酵素をたくさん使うと代謝酵素の量が減り、消化酵素を節約すれば代謝酵素の量が増え、美容や健康、アンチエイジング、ダイエットに好影響を与えます。

食物酵素

食物酵素

食物酵素とは食べ物に含まれる酵素のことです。肉類や魚介類、野菜や果物、発酵食品に含まれますが、熱に弱く48度以上に加熱すると失われるため、生で食べないと意味がありません。

野菜をすりおろすと活性化する

野菜をすりおろすことで酵素が活性化され、効果が2~3倍アップすると言われています。大根おろしやスムージーとして食べるのがベストです。

無農薬の野菜や果物

農薬や化学肥料で育てられた野菜や果物は、酵素の質や量が乏しく体にも悪いためおすすめしません。

スーパーや八百屋で売られている野菜や果物は、農薬や化学肥料が使用されており、水でよく洗っても完全に農薬を洗い落とすことが難しいです。そのため「無農薬か有機野菜」のものを選ぶようにしましょう。

とはいっても、無農薬野菜が買えるお店は少なかったり、値段が高いなどのデメリットもあるため、サプリやドリンクから手軽に摂る方法も良いでしょう。

酵素サプリはダイエットや増量(太るためのもの)など、種類によって得られる効果が変わってくるため、自分の体質にあったサプリを選ぶ必要があります。

1日に必要な食物酵素

体を健康を維持するためには、体内でつくられる潜在酵素だけでは不十分であり、足りない分は食べ物から補う必要があります。

1日に必要な食物酵素は「野菜350g」「果物200g」が目安です。

野菜350g

出典:タニタ運営からだカルテ

これだけの量の野菜を摂取するのは大変です・・・。そこで、野菜ジュースや酵素サプリを活用することで、食物酵素を効率的に取り入れることができます。

酵素を豊富に含む青果類

酵素を含む青果類は、

トマト、アボカド、キャベツ、レタス、にんじん、玉ねぎ、ねぎ、きゅうり、バナナ、キウイ、マンゴー、パパイヤ、パイナップル

が有名ですが、特に「トマトやアボガド」はその量が豊富です。また、発酵食品にも多く含まれているため、納豆や味噌もおすすめです。

どうやって体内で作られるの?

酵素が体内でどのように作られるのかを解説します!

酵素が作られるメカニズム

腸内に生息した「善玉菌」は食事のタンパク質やミネラル類をエサに酵素を作り出します。つまり、体内の酵素を増やすには「善玉菌」を増やすことが大切です。

善玉菌を増やす食べ物

乳酸系の発酵食品を食べることで、善玉菌を増やすことができます。例えば、ヨーグルト、味噌、漬物、ヤクルトなどです。特に味噌は食物酵素と善玉菌を一緒に摂ることができる優れた食品といえます。

年齢とともに減少する

年齢とともに減少する

体内で作られる酵素の量は、年齢とともに減少していきます。

年をとると食事の量が減り、胃もたれしやすく油っこいものが食べられなくなります。これは、消化酵素の量が減っているためです。

「長寿で健康の秘訣は、お肉を食べること」と言われているように、体内酵素がたくさんあると、年をとっても若々しく元気でいられます。

酵素不足を引き起こす4大原因

酵素不足を引き起こす4大原因

酵素不足は食生活をはじめとした、生活習慣の乱れが大きな要因となります。

暴飲暴食

暴飲暴食をすると体内の酵素バランスが崩れます。また胃腸に負担がかかり、栄養を吸収できずにそのまま排出されてしまいます。

食生活の乱れ、野菜不足

生野菜や果物をあまり食べない方は、食物酵素が不足しています。朝食は抜き、昼はおにぎり+カップ麺、夜はコンビニ弁当、といったような食生活を送っている方は、野菜不足になりがちなので注意してください!

夜更かし

酵素は寝ているときに生成されます。そのため、夜更かしをして寝不足気味な人は、酵素不足になりやすいです。夜食を食べて夜更かしすると、胃腸の働きが悪くなり、悪循環を招きます。

ストレス

ストレスは消化酵素の活動を阻害してしまいます。仕事や人間関係でストレスはつきものですが、溜め込まずに適度に発散することが大切です。

「消化酵素・代謝酵素・食物酵素」が健康美をつくる!

健康美

「太れない体質」「不健康」で悩む人は、栄養を吸収する「消化酵素」、栄養をパワーに変える「代謝酵素」、消化酵素をサポートする「食物酵素」、これら3つのバランスを保ち、腸内細菌を活発にする乳酸菌を増やすことが大切です。

酵素の5つの特徴

酵素の5つの特徴

酵素には以下5つの特徴があります。

生きるためには必要不可欠

人が生きていくためには、5大要素「炭水化物、タンパク質、脂肪、ビタミン、ミネラル」が必要ですが、消化酵素がないと、炭水化物、タンパク質、脂肪を吸収することができません。

また、呼吸をしたり、頭を使うなど、生きるためには「代謝酵素」が必要であり、酵素は生命活動の源なのです。

「ビタミン+ミネラル+酵素」が健康美のカギ

ビタミン・ミネラルなどの栄養サプリを飲んでも、イマイチ効果がない・・・。といった経験はありませんか?

いくらビタミン・ミネラルをたくさん摂っても、酵素がなければ体に吸収することができません。栄養サプリの効果を最大限高めるためにも必要不可欠であり、健康美のカギとなります。

1つの仕事しかできない

消化酵素にはたくさんの種類がありますが、それぞれ1つの仕事しかできません。

例えば、アミラーゼは炭水化物を、プロテアーゼはタンパク質を分解するといったように役割が異なります。そのため、炭水化物・タンパク質・脂質を分解するためには、アミラーゼ・プロテアーゼ・リパーゼといった異なる種類の消化酵素を摂取する必要があります

熱に弱い

酵素は熱に弱く、加熱してしまうと失われてしまうため、生で食べないと意味がありません。普段の食生活に取り入れる際には、生の青果類を心がけましょう。

新鮮な青果類や発酵食品に豊富

酵素は新鮮な生の食べ物に豊富に含まれています。納豆や味噌などの発酵食品、新鮮な生野菜、果物に含まれているため、これらの食品を食事に取り入れることで、食物酵素を効率的に摂取することができます。

野菜はすりつぶすことで酵素が活性化されるため、焼き魚やサラダに「大根おろし」を添えることで、消化を助けてくれます。

【PR】私がおすすめする「太る消化酵素サプリ」

プルエル

太れない体質で悩んでいる人には太る消化酵素サプリ「プルエル」をおすすめします!私も飲んでいますが、素直におすすめしたいサプリです。

プルエルは100%国産無添加で国内GMP工場で製造するなど、最高品質を誇っています!「7つの消化酵素」「7つの漢方」「BCAA」「酵母亜鉛」「大麦乳発酵液GABA」など、消化吸収率を高めるために必要な栄養を贅沢に含んでいます。

公式サイト:
http://www.pluel.com/
関連記事:
プルエルは効果なし?!口コミ評判と恐るべき副作用

  • プルエル

この記事が役に立ったらブックマークお願いします!

お役立ち情報をお届けします!

関連記事

カテゴリー

人気の記事

新着の記事